タグ別アーカイブ: 食中毒

食中毒を予防するための基本

腹痛

夏は食中毒の増える季節です。加熱してあるものでも常温で半日置けば怪しくなってきますね。調理したものはすぐ食べるのが一番です。

細菌やウイルスは肉眼では見えませんし、食品の色や匂いを変えないで増殖しますから、「どうかな?」と思った時は処分しましょう。

ここで、食中毒予防の3原則の紹介です。しっかり守って食中毒を起こさないように気をつけましょう。

・食べ物をよく洗い清潔な環境で調理する。生で食べるものは特に念入りに、夏の時期はなるべくカット野菜を使わない。調理の時に使うタオルや布は、洗浄と消毒こまめにしましょう。

・食材はすぐに冷蔵庫に入れ、魚の水分や肉汁などがほかの食品付かないようにする。解凍する際は室温ではしない。調理したものはすぐ食べる。

・食材の中心温度を75℃で1分以上加熱(ウイルスは85℃以上)する。

子どもや年配の方は食中毒になりやすいです。もし、下痢と嘔吐が続いて食中毒の疑いがある場合は、市販されている下痢止めの薬は飲まないで下さい。

脱水症状にならないように、常温のポカリスウェット等で水分補給をして病院に行きましょう。

photo by:

梅雨の時期は食中毒に要注意!

食中毒

梅雨になると一気に増えるのが食中毒です。

梅雨時に発生する食中毒のほとんどは細菌性食中毒です。食中毒は飲食店でも家庭の料理でも起こります。

食中毒を避けるためには食材の管理方法が大事です。特に梅雨時は高温多湿のため食材が傷みやすくなります。持ち帰ったらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れてください。

冷蔵庫や冷凍庫の詰め込み過ぎにも注意してください。目安としては7割くらいです。

食品を流し台の下に保存する場合は水漏れなどに気をつけてください。また、直接床に置くのはやめましょう。

生の肉や魚を切った後は洗わずにそのまま包丁やまな板を他の食材を切るのにつかわないでください。洗ったあと熱湯をかけてから使ってください。できることなら包丁やまな板は、肉用、魚用、野菜用でわけて使うと、更に安心です。

食中毒の症状は菌の種類によっって多少変わりますが、嘔吐、吐き気、下痢、腹痛、発熱は38度前後ですが、熱が出ないときもあります。

ほとんどの場合2日から3日で完治します。

ならないに越したことはありませんので、十分にご注意を!

photo by: AJC1