「健康天気予報」を使って、気象の変化に左右されない生活を送りましょう。

天気

「天気が悪い日が続くと調子も悪くなる」「天気の変わり目に痛みがひどくなる」など、天気が悪くなると体調も悪くなりませんか。

身体と天気の関係は古く、古代ギリシャ時代までさかのぼり、ドイツでは、1952年から気象が健康状態に与える影響の予報が行われていました。

日本でも身体と健康の研究が進み、気象の変化で体調管理をする「健康天気予報」が1962年に設立されました。

湿気が多い時や気圧が低下した時、気温の低下などで私達の体は膨張します。体が膨張する事で神経やいろいろなものも一緒に膨張し、交感神経が刺激されることで痛みを感じます。

温度の高低は血圧に影響を与え、血管の収縮が起こることでくも膜下出血が起こりやすくなるなど、天候と体調に具体的な関連性も指摘されています。

偏頭痛や関節痛など調子が悪い時に「健康天気予報」を参考にすれば、自分の傾向がわかり予防することができます。

全ての痛みの悪化が天気のせいだというわけではありませんが、「健康天気予報」を使って、気象の変化に左右されない生活を送りましょう。

photo by:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


4 − = 0

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>