「和温療法」で更年期の冷え性や動脈硬化を防ぎましょう。

バスタイム

鹿児島大学の医学部の教授が開発した、自宅で簡単に出来る「身体に優しい入浴法」を紹介します。

「和温療法」と言い、メカニズムの詳細は解明されておりませんが、血管が若返り手軽に動脈硬化を防ぐ事ができる入浴法です。

41℃の湯に10分間、肩までしっかり浸かって体内の温度を約1度上げる入浴で、その後、お布団に入って30分安静にするとさらに効果が上がります。

人の体は、体温を1度~1.2度上げると全身の血管が拡張して改善します。

血管が回復すると慢性心不全や更年期の冷え性や肩こり・腰痛などに効果があり、精神的なリラックス効果も期待できます。

お風呂に入るときは、なるべく足を伸ばして髪は濡らさない様にして、お風呂から上がったら速やかにお布団に入ります。(髪にもタオルを巻いてください。)

汗をかくので、シーツ交換などが面倒な場合は、大判のバスタオルを2枚用意して上下に引いてください。

お布団もホットカーペットで少し保温をしておくと効果が持続します。発汗しますから水分補給を忘れずに行ってくださいね。

photo by:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


8 × = 24

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>