体臭がひどくなったら病気の可能性があります。

体臭

体臭の原因は主に皮膚の細菌によるものですが、それとは別に病気で特有の臭いを発するとことがあります。魚の腐った臭いに似た体臭を感じたら肝機能障害を起こしている可能性があります。

魚臭症(トリメチルアミン尿症)と言って、体臭と口臭が腐ったような臭いがします。原因は食べ物を食べた時に発生するトリメチルアミンが分解できず、呼吸や尿から発散されてしまうからです。

この病気は、食事療法でかなり改善されることがわかっています。イカ・タコ・エビなどの頭足類、海産魚・卵、お肉の加工品などの食品を抑えることで軽減されます。

その他にも、糖尿病による体臭は、血糖のコントロールが悪くなると体臭は甘酸っくなったり、腎機能が低下してくると体臭はアンモニア系の酸っぱい臭いになります。このような臭いがした場合は、糖尿病の可能性があります。

病気の他にも、疲労が溜まっている時は、肝機能が低下して体臭が酸っぱいアンモニア臭になることがあります。

便秘で便が長い間腸に溜まったままになっていると、便から発生したガスが体内に吸収されて体臭や口臭になります。症状が酷くならないうちに専門家に診てもらいましょう。

photo by:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 + = 11

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>