食中毒を予防するための基本

腹痛

夏は食中毒の増える季節です。加熱してあるものでも常温で半日置けば怪しくなってきますね。調理したものはすぐ食べるのが一番です。

細菌やウイルスは肉眼では見えませんし、食品の色や匂いを変えないで増殖しますから、「どうかな?」と思った時は処分しましょう。

ここで、食中毒予防の3原則の紹介です。しっかり守って食中毒を起こさないように気をつけましょう。

・食べ物をよく洗い清潔な環境で調理する。生で食べるものは特に念入りに、夏の時期はなるべくカット野菜を使わない。調理の時に使うタオルや布は、洗浄と消毒こまめにしましょう。

・食材はすぐに冷蔵庫に入れ、魚の水分や肉汁などがほかの食品付かないようにする。解凍する際は室温ではしない。調理したものはすぐ食べる。

・食材の中心温度を75℃で1分以上加熱(ウイルスは85℃以上)する。

子どもや年配の方は食中毒になりやすいです。もし、下痢と嘔吐が続いて食中毒の疑いがある場合は、市販されている下痢止めの薬は飲まないで下さい。

脱水症状にならないように、常温のポカリスウェット等で水分補給をして病院に行きましょう。

photo by:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


4 + = 10

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>