ストレス性の不眠は、ビタミンB12で改善。

不眠

ストレス社会において、睡眠のリズムが作れない人がいますがあなたは大丈夫ですか?

体内が(覚醒)リズム障害を起こし夜間にきちんと眠れない、その為に睡眠時間が日中にずれ込み頭がスッキリしない。こんな状態ではありませんか?

コレを解消するには、朝日を5分浴び(ラジオ体操しながらをお勧めします。)体内時計をリセットしたり、朝食をしっかり取って軽い運動をするなどの、生体のリズムを整える方法があります。

それでも治らない場合は、ビタミンB12を取りましょう。ビタミンB12を摂ると光の感受性が上がり、日中の眠気を軽減させたり、夜の睡眠を深くする効果があると言われています。

また、ビタミンB12は、自律神経のバランスを上手く調整してくれるので、ストレス性の不眠にも効果があるそうな。サプリメントで補っても特に副作用がなく、1ヶ月ぐらい続けると効果的とのこと。

ビタミンB12が多く含まれている食品は、牛や鳥のレバー・イワシの丸干や秋刀魚の塩焼き・いくら・貝などがあります。

ダイエット中は、カロリーの低い貝(あさり・シジミなど)がいいでしょう。熱に強いので加熱調理に向いていますが、冷凍のものを解凍して茹るとビタミンが水に溶け出してしまうので、調理方法に注意しましょう。

photo by:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


7 + = 8

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>