大腰筋ダイエットで下半身を引き締めよう。

下半身

悲しいことですが、特に女性は年齢と共に体型が崩れて行きます。ポッコリとしたお腹、わき腹のたるみ、腰からお尻にかけてついた脂肪はなかなか落とすことが出来ません。

その原因は、「大腰筋」が衰えているからなんです。腹筋や背筋と同じくらい体を支えている大腰筋の機能を上げることで、下半身を引き上げることが出来ます。

  • もも上げ足踏み

背筋を伸ばして立ち、その場で太ももは水平までゆっくり上げて静止して、ゆっくりおろす足踏みをする。(1日50回から初め徐々に300回に増やす。)

  • スクワット

1.両足を肩幅より少し開き、つま先は外側に30度向けた状態で背筋を伸ばして立つ。両腕は胸の前で交差させ、そのままゆっくり膝を曲げていく。

2.太ももと床が水平になるぐらい腰を落としたら、ゆっくり立ち上がることを10回繰り返す。最初は、3秒かけてしゃがみ、3秒かけて立ち上がるペース。徐々に10秒ぐらいに伸ばしていく。

注意することは、膝がつま先の先端より前に出ない。しゃがんだ時にかかとを浮かさないで動作中はやすまないようにする。

根気よく続ければ、下半身のぜい肉が取れてウエストがくびれ、お尻周りがスッキリしてきます。是非、習慣にしましょう。

photo by: Kris Krug

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


6 + = 15

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>