ピーリング石鹸でニキビあとを治す!

石鹸

画像はイメージです。

ニキビをつぶすとあとが残ります。一度あとが残るとなかなか治らないのがニキビあとです。

つぶすつもりがなくても洗顔などで肌が柔らかくなっているときに、ついうっかりつぶしてしまうこともあります。

そんなニキビあとの治し方をご紹介します。

ニキビあとを治すにはピーリング石けんを使うのが効果的です。ピーリング石鹸には種類がたくさんありますが、AHA成分が入ったもの、できればフルーツ酸が入ったものを選んでください。

よく泡立つのがピーリング石鹸の特徴ですが、泡立てネットを使ってより細かい泡を作ります。目と口のまわりにつかないように気をつけながら顔全体に石けんの泡の層を作ります。

そのまま3分から5分ほどおきます。このとき、おきすぎないように注意してください。

肌がピリピリしますがそれが普通なので問題ありません。時間になったらよく洗い流し、しっかり保湿してください。

一週間くらい様子を見てから、4日に1度くらいのペースで続けてみましょう。

photo by: soapylovedeb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


9 × 7 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>