「長寿遺伝子」を活性化し、糖尿病や老化を予防。

DNA

米国ウィスコンシン大学の研究結果によると、カロリー制限をした場合と制限しない場合の老化のスピードが明らかに違う事が分かりました。

カロリー制限は、標準カロリーの70%程度が適当で、制限すると、ミトコンドリアが活性酸素を抑制する遺伝子を放出しだし老化の進行が遅くなるそうです。

その遺伝子を「長寿遺伝子(サーチュン(指揮者)遺伝子)」と言い、「長寿遺伝子」を起動させるには空腹感が条件です。

また、ブドウの皮や赤ワイン、ピーナッツの皮などに含まれるポリフェノールの一種が、「レスベラトロール」と言う成分に働きかけ起動させることも出来ます。

糖尿病の人は、「長寿遺伝子」が活性化されると、アディポネクチンという脂肪細胞から分泌され、タンパク質が上昇し、インスリンが効きやすくなります。

筋肉や肝臓にある酵素をアディポネクチンが活性化させ、脂肪を燃やすので脂肪細胞の肥大も抑えられます。

「長寿遺伝子」は老化を遅らせ、糖尿病や動脈硬化、メタボリックシンドロームの予防に役立つと考えられています。

photo by:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 − = 2

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>