レーシックに代わる視力補正手術

厚くなった角膜を削ってピントを調整し、視力を回復されるレーシック手術ですが、失敗すると元に戻すことが出来ず、頭痛や視界のちらつきに苦しむ人が大勢居るそうですね。

そんなレーシックに代わる、新しい手術が誕生したそうです。

平たく言うと、目の中にコンタクトレンズを埋め込んでしまうという物で、レーシックと違って失敗してもやり直しが利くという点です。

でも、うっかり目を擦ってしまったら…何年も入れっぱなしで劣化したら…と考えるとやっぱり怖いですね。

眼鏡が一番安全なのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2 − = 0

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>