月別アーカイブ: 2015年1月

乾燥を防ぐ上手な唇のケアーの仕方。

唇

冬になると唇が乾燥してボロボロになってしまい、唇がたてに切れちゃうと痛いですよね。

唇のケアで気をつけることは「口で呼吸をしないこと」です。口で呼吸して乾くことで唇を舐めてしまうのが一番の悪循環!

そうならないように、頼りになるのがリップクリーム!唇の縦ヒダにそって1日5回までがポイントです。

リップクリームも塗りすぎると、荒れの原因になる場合があります。

一番失敗しがちなのが、寝る前につけるリップクリーム。口紅やリップクリームは時間が立つと油分が酸化してきます。

いつも唇が乾燥している人は唇の皮が薄く唇が荒れやすいので、特にメンソールタイプは刺激になり唇荒れが良くならない原因にもなります。

寝る時は、ワセリンを使いましょう!唇にワセリンを塗ったら唇にラップを張ります。(呼吸が出来るように真ん中に切れ目を)

唇が切れやすい時は、さらに5分ほど蒸しタオルをすると効果的。口呼吸に気をつけて、プルプルの唇を保ちましょう!

photo by:

運動をしないダイエットをして、リバウンドを繰り返すと老後は寝たきりになるかも?

ぽっこりお腹

運動をせずに色んなダイエットを試していると、老後は寝たきりが早まるかも?

危険だと言われている肥満があるそうです。それは「サルコペニア肥満」。

肥満と言えば、主に内蔵に関係のある肥満「メタボリックシンドローム」が浮かびますが、ダイエットをしているのに全然痩せない。少食なのに太ってしまう。そんな人はサルコペニア肥満かもしれません。

脂肪が内臓だけじゃなくて、筋肉の中まで入り、体中に脂肪が周ることです。怖いですねー。牛で言うと、高級な霜降り肉の状態です。

低下した筋肉の代わりに脂肪がつくと、基礎代謝も悪くなり悪循環から抜け出せなくなります。気になるあなたは、体脂肪計と筋肉量が測れる体組成計を使いながらチエック!!

・手組んでから椅子に座って片足で立てるか?
・片足立ちで60秒間立てるか、片足立ちで靴下をはく事ができる?これが出来なければ要注意です。

ダイエットをするなら筋肉を落とさないように、運動も取り入れましょう。

photo by: LauraLewis23